お知らせ

日刊紙業通信7月31日記事に掲載されました

創立60周年の山陽製紙~リサイクルからアップサイクルへ~

 というタイトルで、日刊紙業通信7月31日記事に掲載されました。

 

記事内容は

 

・漫画「50年史」

・ペーパーギャラリーと工場見学

・ドリカムスクール

・ゼロ・エミッション

・人材教育

・60周年への思い

となっています。

 

 

 

山陽製紙の挑戦のコーナーで

・スミデコの完成

・カミデコシステム

・クレプ誕生

をご紹介しております。

 

 

ニュース2

第9回販促EXPO【夏】に出展します

山陽製紙が今年も販促EXPOに出展致します。

今回展示するのは、ノベルティのエコクックです。

ecoくっく

種類も梅炭だけではなく、リニューアルもしておりますので、是非、弊社ブースへお立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。

 

期間は7月5日(水)~7日(金)開催時間は10:00~18:00(最終日は17:00まで)となっております。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。

 

■期間:2016年7月5日(水)~7日(金)

■開催時間:10:00~18:00(最終日は17:00まで)

■場所:東京都江東区有明3-11-1

    東京ビッグサイト 西ホール

    ブース名称「山陽製紙」

    ブース番号「W2-60」 

■最寄り駅:国際展示場正門駅[南口]から徒歩約3分

■Webサイト:第9回販促EXPO

https://www.spex.jp/summer/

 

エコクック関連URL

http://www.sanyo-paper.co.jp/sumideco/kukku/

紙業タイムス7月1号に掲載されました

紙業タイムス7月1号の特集【情報用紙】の催事コーナーに掲載されました。

環境大賞20170627

環境省、環境人材育成コンソーシアムが主催、日本経済団体連合会、経済同友会、日本商工会議所が後援、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、NPO法人持続可能な開発のための教育推進会議、日本環境教育学会、サステナビリティ・コミュニケーション・ネットワークが協力している「環境人づくり企業2016」の中小企業区分で、山陽製紙が優秀賞を受賞しました。

その際の様子を取材していただいています。

 

以下記事より。

優秀賞を受賞した、山陽製紙に対する審査委員の講評は、「環境に配慮した循環型社会に貢献する製紙会社」として、「会社の基本方針において環境人材育成を明確に示しており、全社的に具体的な人材育成の取り組みが実施されている。環境問題のみならず社会の課題解決を会社のミッションに掲げ、基礎的な知識や意識醸成のため、全社的にeco検定とCSR検定試験の受験を推進しており、多くの社員が受験・合格につなげている点を高く評価したい。また、男里川の清掃活動や、地域の小学校を対象とした工場見学の受け入れ・出前授業の実施等、社員が地域社会との交流の中で、自身の学びを深めていける地域に根ざした実効的な取り組みが続けられている点も大変すばらしい。同社の理念祭では、1日をかけて全社で自社の経営理念を考える時間を設けているとともに、環境問題に関する映画の鑑賞、社員間のディスカッションや外部専門家による講演の実施など、毎回工夫を重ねながら、同社の経営理念を体現する社員の人づくりを行っている。

 こういった環境人材教育が事業活動における環境負荷の継続的な削減や、コピー用紙の再生といった新事業、新たなビジネスモデルの開発等、目に見える成果につながっている点も特筆したい。同社の活動の発展に注目していきたい。

讀賣新聞(6/14 26面)に掲載されました

山陽製紙が6月14日の讀賣新聞26面に掲載されました。

長野県に水力発電所が新しく建設され、その竣工式の様子を取り上げています。

この新しく建設された「水芭蕉発電所」で発電された電気を山陽製紙は買い取っています。

20170619讀賣新聞竣工式20170619

 

以下記事より

県企業局が奥裾花ダム(長野市鬼無里)に建設していた水力発電所「水芭蕉発電所」の竣工式が13日、開かれた。

既にある奥裾花発電所のすぐ横に立てられ、取水管を共有する。

発電量は約1400世帯分。原料を丸紅新電力(東京)に販売し、自然エネルギーの活用を進める大阪府や愛知県の企業のほか、環境教育に向けた取り組みの一環として東京都世田谷区立保育園にも供給される。

式典では件や電力会社の関係者ら約60人が出席する中、発電の様子が披露された。電気を購入する「山陽製紙」の原田六次郎社長も式に参加し、「製紙業はとても多くの水と電気を使う。長野県の皆さんに感謝して電気を使いたい」と話した。

水芭蕉発電所は2013年の着工で、総事業費約11億円。運転自体はすでに4月から始まっており、年間6900万円の利益を見込んでいる。

山陽製紙がBest Buyer’s Choice2017を受賞しました! 

「インテリア ライフスタイル2017」出展者の中から選出する「INTERIOR LIFESTYLE AWARD」が、会期初日の6月14日(水)に開催されました。

 

結果・・・なんとなんと!

当社の「crep」が『Best Buyer’s Choice 2017』を受賞しました!!!

 19224937_10154625433291570_6250893006405175802_n

これは、出展している全てのブースの中から1社だけに贈られるショーで、今回はカッシーナ・イクスシーさんが選考。

山陽製紙のピクニックラグの、デザイン性と製品の機能性、環境への配慮などが高く評価されました。

この賞に慢心することなく、これからもより良い製品を目指し社員一同、頑張って行きますので、応援よろしくお願い致します!

19059696_10154625433571570_8743111029269237312_n

以下、記事より

山陽製紙(株)は、電線を輸送時に包装するためのクレープ紙を製造するメーカー。

丈夫で撥水性や耐水性も高く伸縮性にも優れている。

その性質を利用し、またデザインを施すことで、今回受賞したアウトドア用シート「PICNICRUG」を開発した。

紙だが使い捨てではなく、何度でも使用できるという。

アワードを選出した(株)カッシーナ・イクスシーの田中新也氏は、その意外性とデザイン性の高さを高く評価した。

 

URL:http://online.ibnewsnet.com/sp/gy170614-02.html

IMG_2226

19105970_10154625434551570_3050395838551559097_n

左から、AZUCHIの橋本様、山陽製紙(株)専務原田、同じく代表取締役社長原田、AZUCHIの福島様、デザイナーの氷室様

インテリアライフスタイル展に出展します!

6月14日~16日に東京で行われる「インテリアライフスタイル展」に山陽製紙のcrep(クレプ)が出展致します。

インテリアライフスタイル展とは、東京から世界へ向けて「ライフスタイルを提案する」インテリア・デザイン市場のための国際見本市です。

 

今回はピクニックラグの新カラーや新サイズ、新商品のピクニックピロー、テーブルマットなど、たくさんの種類の製品が初お目見えになります!

新色の製品がたくさんございますので、ご来場の際には、是非お立ち寄りください!

 インテリアライフスタイル201706

<インテリアライフスタイル展>

日時:2016年6月14~16日 

(14日・15日:10:00~18:00 16日:10:00~16:30)

場所:国際展示場 (東京ビッグサイト)

住所:〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1

 

出展ゾーン:アトリウム特別企画

小間番号:S-18

ブース名:山陽製紙株式会社

 

皆さまのご来場をお待ちしております!

ナガサワ文具センターでの催事のお知らせ

6月17日(土)・18日(日)にNAGASAWA神戸煉瓦倉庫店横イベントスペースにて開催される「波止場の紙モノ市」に山陽製紙の商品が出品致します。

 波止場市20170617

 

両日共に、新製品のKAMIDECOブックカバーの浮世絵デザインや、今大人気のピクニックラグの販売を行います。

 

波止場の紙モノ市は、オシャレな紙雑貨販売やワークショップ・作品展示など盛りだくさんな内容です。

お子様から大人の方まで楽しんでいただけるイベントですのでぜひご来場ください。

 

波止場の紙モノ市

https://kobe-nagasawa.co.jp/event/hatobakamimonoichi/

■期間

2017年6月17日(土)〜18日(日)

11:00〜18:00 ※最終日は17:00まで

■場所

〒650-0044 

神戸市中央区東川崎町1-5-5 ハーバーランド煉瓦倉庫南棟

JR神戸駅・神戸高速鉄道高速神戸駅・地下鉄海岸線ハーバーランド駅より徒歩10分

■問い合わせ先

NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店

078-371-8130

山陽製紙がNHKの朝の報道番組「まちかど情報室」で、テレビ放映されます!

6月7日 水曜日の午前4:30~8:00に放映される「おはよう日本」で、山陽製紙のスミデコブックカバーを取り上げていただきます。

朝の忙しい時間帯ですが、是非ご覧ください!

【放送予定日】 NHKニュース「おはよう日本」まちかど情報室(NHK総合・全国放送)

平成29年6月7日(水) 午前6:45前後の放送内 (予定)

     6月8日(木) 午前5:45前後の放送内 (予定) *再放送

IMG_0001

↑「梅の種」を炭化した「梅炭(うめずみ)」を紙に抄きこんで作ったSUMIDECOブックカバー

 

山陽製紙が「環境 人づくり企業大賞2016」の優秀賞を受賞!

以前にも、ご報告を致しましたが、山陽製紙が、環境省が主催している「環境 人づくり企業大賞」の優秀賞に入選しました!

この賞の趣旨は、地球環境と調和した企業経営の必要性を認識し、その実現のため自ら進んで行動する自社の社員の育成にかかる取り組みを募集したものです。

我が社では、環境問題をもっと深く考えるために、2008年度から「eco検定試験」に全社員で挑戦し、現在では、全社の75%にあたる32名が合格しています。さらに、環境問題のみならず、社会の課題解決は会社の使命と考え、CSRの理解を深めるために「CSR検定試験3級」にも挑戦するようになり、現在の合格者数は18名です。

また、毎月第二日曜日の朝から1時間、我が社の横を流れる男里川の清掃活動を行っています。続けるうちに参加者も増え、現在では地域の人達や社員の家族も加わって、毎月30名以上の人が参加するまでになりました。

子ども達に紙資源を大切に使ってもらうために、地域の小学校への出前授業や、工場見学を積極的に受け入れています。受け入れる事によって、我が社の若い社員への、環境意識の強化やプレゼンテーション能力の向上に役立っています。

その他にも、「1% for the Planet」に参加したり、コピー用紙を再生して再利用する「KAMIDECO」プロジェクトを推進したりしています。

詳しくは下記URLをご覧ください!

 山陽製紙の事例紹介:http://www.eco-lead.jp/award/2016/practices/2016_sanyo-paper.pdf

「環境 人づくり企業大賞2016」の全受賞取組の詳細:

http://www.eco-lead.jp/commendation/history/winner2016/

ひとづくり1

キャプチャ

ひとづくり2

ひとづくり3

ひとづくり5

ピクニックラグが日経トレンディネットに掲載されました

「連載:ヒットの芽」コーナーにて、山陽製紙のピクニックラグが掲載されました。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1032181/050100086/

 picnic

以下記事より抜粋

 ピクニックラグは工場から出るクレープ紙の端材を使ったレジャーシートとして誕生。2016年6月の「インテリアライフスタイル展」出展後、想定以上の引き合いがあり、端材だけでは生産が追い付かない状況になった。そこで同社では新ブランド「crep(クレプ)」シリーズを立ち上げ、端材に限らず再生紙を使用して増産。半年で3000枚が売れたという。

もとは紙だが繰り返し使えるように裏面にポリラミネート加工を施し耐水性も加えたピクニックラグは、軽くて丈夫なので屋外で使うのに適している。また子どもが食事をするときや、絵を描くときのマットとしても活用されているという。

 

 再利用している工業用クレープ紙自体、クラフト系古紙を再生したリサイクル品。紙を何度も再生した循環型社会対応商品としての期待も集まっている。タイプは11種類、サイズは3つで、税込み価格は648~1944円。

お問い合わせフォームより資料をご請求いただけます

KAMIDECO資料請求はこちら

お電話でのご相談・お問い合わせいただけます

受付時間:平日9時~17時45分 072-482-7201