2014年 5月

世界で1つの貴重なKAMI(紙)

世界で1つの貴重なKAMI(紙)が出来上がりました。
営業部の長谷川将之です。

今回ご縁のあった町田市様とのKAMIDECOの取組みをご紹介させていただきます。

町田市場所説明CZ2131048

ご縁は、昨年末に出展した「エコプロダクツ2013」で生まれました。

弊社ブースにご来場いただき、「何ができるの?」とご質問がありました。
「KAMIDECO」のコンセプトを説明させていただき、

クローズドループの出口商品群(封筒、プレゼン用紙、メモ帳など)
基本は何でもチャレンジします!!(私の営業スタイルです)
小ロットでオリジナルのKAMI製品に出来ます!!とお伝えしました。

その後、町田市様へご訪問させていただき、

ご要望(今回はメモ帳:里帰りメモ帳)をお聞きしました。


メモ帳の仕様(コンセプト、形、デザイン、コスト)の具体的な打合せになり、

弊社の協力会社様(古紙問屋様、加工業者様)のご協力の下、

お客様の期待にあった里帰りメモ帳を作る事になりました。

古紙の回収日は関東地方も大雪で、予定より遅れましたが、

何とか本日KAMIを創らせていただいております。

世界で1つしかない貴重なKAMIです。

納期迄することは山盛りですが、お客様の「笑顔」を想像するとワクワクでした!!

現在は無事、納品も終わりました。

今後も町田市様とのご縁を大切にしていきたいと思います。

※6月の企業様インタビューにご登場されますので、お楽しみに。

DSCN0131DSCN0132

↑ 町田市様からお預かりしていたオフィス古紙を仕込みます。

DSCN0139

↑ 「パルパー」 : ミキサーみたいな機械で、古紙を溶解します。

DSCN0192DSCN0194

↑ 「抄紙機」で目方(紙の質量)や乾燥具合を確認しながら製品にしていきます。

DSCN0199DSCN0200DSCN0204

断裁加工=平判 : 同サイズにカットし、出来上がり。

 

そして、完成したのがこちらの商品!

町田市表紙2

お問い合わせフォームより資料をご請求いただけます

KAMIDECO資料請求はこちら

お電話でのご相談・お問い合わせいただけます

受付時間:平日9時~17時45分 072-482-7201