2016年 3月

中小企業とCSR vol.14

前回に引き続きCSRチェックリストのご紹介です。

 

東京商工会議所さまが公開しているものなのですが

当ブログでは毎回1つずつ紹介してまいりたいと思います。

 

全部で60問ありますが

検定試験などと違い何点以上で合格とか、何点以下は不合格とか、そういうものではないです。

×をなくしていくことがCSR企業へ変わるために必要な行動だそうです。

 

第7回は

「従業員の就業環境整備 ①職場環境改善への取り組み」です。

□従業員の健康維持と働きやすい職場環境づくりを常に心がけている。

□関連する法令(新法・改正等)制度等の動向が把握できている。従業員等の要望を把握する機会・場を設けている。雇用形態の多様化に対応したルールを確立している。労働安全衛生に十分配慮している。

□関連する法令(新法・改正等)・制度および従業員等の要望をもとに社内制度等の改善に取り組んでいる。労働安全衛生の状況について定期的に確認している。

 

まず思いつくのは

ブラック企業vsモンスター社員

企業側の利潤を追求するとブラック企業に傾倒し

かたや労働者側の権利利益を追求するとモンスター社員の温床になる

という図式でしょうか。

 

ただ

労働者側の権利利益を追求してもモンスター社員の温床になるとは言い切れないです。

 

8時間労働から6時間労働にした方が

生産性が向上するという臨床結果が海外にあります。

日本の岐阜県にある某企業では年間休日が約140日、このほかに有給休暇が最大40日あるなど、従業員の福利厚生に積極的で創業以来赤字なしという実績を残しています。

 

優秀な人材に入社してもらうために、あるいは優秀な人材に去られないために、社内環境の整備というものは必要だという意見もあります。

 

上記の意見が正しいとすれば

人権の重要性を認識し、企業活動に関わる内外の人々の多様性を尊重している。差別のない企業風土づくりを心がけ、そうした会社にしていくことが、CSRへの寄与と同時に、企業の躍進につながるといえるのではないでしょうか。

 

日本の多くは、このような状況にありません。換言すれば、御社に躍進のチャンスがあるということではないでしょうか。

◆KAMIDECOサービスの充実◆VOL.4◆

今回は、

5月にオープン予定の

「新工場見学」について少しご紹介をさせて下さいませ🎶

皆さんは、工場見学と聞いてどのような内容だと楽しいですか。

過去に、

某酒造メーカーさんに行った時

つくる工程から

「あっ!そうなんだ!」と驚く苦労話し、

また、

匠の技など、職人さんが熱く語ってくれると、じーんときますね。

この段階で、もう「その会社のファン」ですね。

もう一つの楽しみ、

それは!

出来たてホヤホヤのお酒をその場で、「あー美味しい!至福のひと時ですね!

このように感動したことが、我が社でもできればと思っています。

乞うご期待を!!

展示会に出展します

第53回インターナショナル・プレミアム・インセンティブショーに出展決定

会期:4月13日(水)~4月15日(金) 10時~18時(最終日は17時迄)

会場:サンシャインシティ 文化会館2・3・4階(東京・池袋)

DSC_0711

DSC_0712

↑(前回の様子)

スミデコペーパーを用いたオリジナルノベルティを中心に、毎回御好評を頂いております。ぜひ御来場ください!!!!

 

エコアクション21① 4R

地球の温暖化や、生物多様性の劣化など

環境に関する様々な問題に

企業としての取組みが注目され、

CSRなどの活動報告として

見る事が出来るようになってきています。

 

我が社も、様々な環境に対応した活動を行っています。

 

その中で、EA21(エコアクション21)という活動を紹介します。

 

企業では、様々な資源を使います。

使用しているものの1つに「電気」があります。

エネルギーとして多く使うと、比例し環境悪化に繋がります。

他には「水」や「ガソリン」などもあります。

 

そういったエネルギーを少しでも使用する量を

減らす為の活動がエコアクションです。

 

じゃあ、何をしていけばいいのか?

 

3Sでもそうですが、

まずは出来る事から始めていく事が

わかりやすくて良いと思います。

 

4Rという言葉があります。

下図を見てもらえば、普段の生活でも難しくない活動だと思います。

※ぜひクリックして見て下さい。(綺麗に見れます)

screenshot-eco pref miyazaki lg jp 2016-03-26 19-28-10

※参考「環境学習ナビhttps://eco.pref.miyazaki.lg.jp/gakushu/recycle/four_r/

 

3S=整理・整頓・清掃

4R=4つのRで表すエコ活動分類です。

 

4Rで有名なのがリサイクル(Recycle)ですね。

 

3Sもエコも、

廃棄するのではなく、何かに変化出来るように

活動していく事が必要ですね。

(^^)

 

それではまた。

 

 

 

中小企業とCSR vol.13

前回に引き続きCSRチェックリストのご紹介です。

 

東京商工会議所さまが公開しているものなのですが

当ブログでは毎回1つずつ紹介してまいりたいと思います。

 

全部で60問ありますが

検定試験などと違い何点以上で合格とか、何点以下は不合格とか、そういうものではないです。

×をなくしていくことがCSR企業へ変わるために必要な行動だそうです。

 

第6回は

「環境への対応 ③自然環境・生物多様性への配慮」です。

□事業活動が自然環境や生物多様性に及ぼす影響を理解している。

□原材料調達や自社製品生産の際、自然環境や生物多様性への影響に配慮している。

□自然環境に配慮した原材料の調達を行っている。環境負荷の少ない製品を開発している。生態系の保全や緑化活動等に取り組んでいる。

 

弊社ではエコアクション21を実践しておりますが、上記要件のレベルにまで達していません。

 

上記の項目を満たすには、社内に組織や仕組みを作らないと難しいのではないでしょうか。中小企業においては一担当にやらせるというパターンが考えられます。しかし、これはよくないです。その人に相応の権力があれば、皆を動かすことができますが、それでも経営者や、担当の上の位にある人に反対されたりすると、打つ手がなくなってしまいます。また、一担当ですと、その人が仮に事故等で長期不在となった場合、他に誰も分かる者がいなくなり、停滞してしまいます。

 

やはり、やるからにはしっかりと社内に組織や仕組みを作り、相応の権限を付与した上で進めていくことが望ましいと言えます。

◆KAMIDECOサービスの充実◆VOL.3◆

突然ですが、

皆さま

サービスと聞いてどんなサービスを想像しますか。

●目に見えるサービス

●目に見えないサービス

そうなんです。

サービスには、これってなく、その人が、相手の立場になって行動を起こすことだと私は思います。

年度末の書類の整理していると

●この紙って再生できるの?

●どこに言えば適正な処理ができるの?

焼却すればいいんだよ!っ考えた担当者さま

分ければ資源です‼︎

是非、お声をかけて下さい。

(場合のよっては処理出来ないもの、費用が発生する場合がございます。)

KAMIDECOは、会員企業様の

問題、課題の解決をお手伝いいたします。

より良い生活が送れるように^_^

より良い未来のために^_^

今日も1日よろしくお願いします。

感謝です。

 

紙のリサイクルの輪

おはようございます。

東京では昨日、桜の開花宣言が出たようですが、山陽製紙の川のそばの桜並木はまだ咲いてくれません。

サンヨーファクタスの御座シートの出番ももう少しです!

 

さて、「紙のリサイクルの輪」もついに3回目、まとめです!

最後は「再生」というキーワード。

木 イラスト

実は、木を切って紙を作るよりも、古紙から紙を作るほうが省エネになります!

その理由は、木材から紙を作る場合に必要なパルプ製造工程が簡素化されるからです。

ただ、同じ古紙利用製品でも、より高い白色度など品質を求めるほど、手間とコストがかかり、エネルギーを消費してしまいます。

古紙の製品は、純粋な紙製品に比べるとどうしてもざらしっぽい色になってしまいます。

 

ですが、それも再生紙だからこそ。

 

大切なことは、用途によって適度な品質を求めること、出来るだけ多く古紙を利用した製品を選んで使用することなのです。

ノートやメモ帳の裏を見てみると、意外とエコマークやグリーンマークがついている商品があることに気がつきます。

会議用の資料などだとかなりの量の印刷をすると思いますので、そういったところには再生紙のコピー用紙を使うなど、少しだけ工夫してみてください!

工場見学日記

今回は、最近見学訪問させて頂いた2社を紹介します。
紹介といっても、有名な会社ですので、
わざわざ説明は要らないと思います。

「株式会社KOKUYO工業滋賀」
「UCC上島珈琲株式会社 滋賀工場」
の2社に見学行って来ました。

indexコクヨ

screenshot-www ucc co jp 2016-03-18 21-40-12

今回のアップで詳細に書くと、長くなってしまいますので、
自分の感想をまとめます。

①工場が広くて綺麗
 大企業ですが、無駄があるわけではなく、
 効率を考えた生産性に特化したレイアウトに
 なっています。
 大きな機械も多いですしね。

②ルールがわかりやすい。
 品質管理や作業ルール、工場内の案内ルートなど
 次に何をする、誰が何をする、問題点が何か、
 対策案、何がどうなっているかがわかりやすい。

③CSRが素晴らしい
 環境負荷を抑えつつ、新しい物創りに転換、
 又、地域密着活動を主にした独創性ある活動
 が共有しやすい。

④また来たくなるテーマパーク性
 大企業ならではの体験見学、商品販売、
 想い出に残る工場見学など。

screenshot-www google co jp 2016-03-18 21-50-57

実際、他企業様でも力を入れている部分は多いです。

自然に学び、頭に残る工場見学として、
今後、弊社でも改善していかなければならないなぁ
と思った見学でした。

それではまた。

中小企業とCSR vol.12

前回に引き続きCSRチェックリストのご紹介です。

 

東京商工会議所さまが公開しているものなのですが

当ブログでは毎回1つずつ紹介してまいりたいと思います。

 

全部で60問ありますが

検定試験などと違い何点以上で合格とか、何点以下は不合格とか、そういうものではないです。

×をなくしていくことがCSR企業へ変わるために必要な行動だそうです。

 

第5回は

「環境への対応 ②環境汚染の防止」です。

□環境汚染防止の重要性を認識し、経営課題に位置付けている。

□関連する法令の動向(新法・改正等)を注視し、点検・確認するとともに、研修等を通じ従業員等に伝達する仕組みができている。

□関連する法令の違反行為が生じていないか定期的にチェックしている。廃棄物の発生抑制・再利用・再生利用の3R活動に積極的に取り組んでいる。

 

弊社ではエコアクション21を実践しており、エコアクション21の中で上記項目を行っております。

 

上記の項目を満たすには、社内に組織や仕組みを作らないと難しいのではないでしょうか。中小企業においては一担当にやらせるというパターンが考えられます。しかし、これはよくないです。その人に相応の権力があれば、皆を動かすことができますが、それでも経営者や、担当の上の位にある人に反対されたりすると、打つ手がなくなってしまいます。また、一担当ですと、その人が仮に事故等で長期不在となった場合、他に誰も分かる者がいなくなり、停滞してしまいます。

 

やはり、やるからにはしっかりと社内に組織や仕組みを作り、相応の権限を付与した上で進めていくことが望ましいと言えます。

◆KAMIDECOサービスの充実◆VOL.2◆

◆◆◆「KAMIDECOサービス」を充実します。◆◆◆

VOL.2

●全国のお客さまKAMIDECO会員の皆さまへ

●未来のKAMIDECO会員の皆さまへ

毎度大変お世話になりありがとうございます。

突然ですが!!

◆同じ釜のキャンペーンを計画しております。

このキャンペーンでは、

特別に紙を創ります。

この期間だけに集めた企業様、必ず戻ってくる製品に

自社で出た不用紙が入っています。

●出口の企画製品 案)は、

1)来年度のカレンダー

2)大人のレターセット

3)ハガキ

会員様からのご要望など聴き決定してまいります。

■世界で一つだけの製品を一緒に創りましょう!!

⚫︎KAMIDECO会員さま 募集中です。

⚫︎よろしくお願いします!!

⚫︎いつも ありがとうございます。

●感謝

お問い合わせフォームより資料をご請求いただけます

KAMIDECO資料請求はこちら

お電話でのご相談・お問い合わせいただけます

受付時間:平日9時~17時45分 072-482-7201