利用者様インタビュー

町田市役所環境資源部 3R推進課  統括係長 水草天和様 インタビュー

町田市役所環境資源部 3R推進課

統括係長 水草天和 様

原田:この度は、町田市役所から出る不用紙を再生した「里帰りメモ帳」を一緒に作らせて頂き、どうもありがとうございました。

水草様:5月の町田シバヒロ(芝生広場)オープニングイベントで3R推進の啓発グッズとして配布したのですが、このメモ帳は好評でした。市民の皆さんが3Rを学び喜んで持って帰ってくれました。これまでのメモ帳と違って、いかにも再生した紙という感じが気に入っています。

原田:そうですか。市民の皆様に喜んで頂けてとても嬉しいです。

水草様:町田市は市民のごみ減量の意識が高く3Rの定着が進んでいます。年々意識が高くなっているように思います。
また、メモ帳のイラストは3R推進キャラクターとしていろいろな場面で町田市の3R推進メッセージを伝えているのですよ。

原田:なるほど。このメモ帳に描かれているエコバッグちゃん、ハシブトなどのキャラクターが色々なところに登場して、市民の皆さんに馴染んでいるのですね。町田市様が3Rを熱心に進められていることが伝わってきます。

水草様:これから力を入れたいと思っているのは、「生ごみ」の減量と「資源となる紙ごみ」の減量です。
「資源となる紙ごみ」は、「雑紙」と呼ばれるものです。例えばA4より小さい紙やレシートなど、これまで分別が進んでいない紙類ですが、これが可燃ごみの中に入っていてその割合が、全体の約10%を占めています。

原田:家庭ごみではその割合なのですね。私どもの大阪市では、事業系のゴミの中に占められている紙ごみの割合は41%、そのうち再生すれば資源として使えるものがゴミ全体の21%含まれているのです。それを、わざわざ燃やしているのですから環境にも悪い上に、莫大なコストがかかっています。そういうわけで、大阪市では昨年から、分別できていない事業系のゴミは受け付けないことになりました。
町田市様は、一般家庭の皆さんにこれから分別を促進して貰おうというわけですね。

水草様:「雑紙を分けましょう。」といっても、「どうやって出すの?」という市民の声が聞こえてきます。ですから、「雑紙袋」を用意するなど、分別しやすい仕掛けを考えているところです。

原田:色々工夫されているのですね。とても興味深いです。町田市が全国の自治体に先駆けて模範的な取り組みをされ、成功されることを願っております。 本日はどうも有り難うございました。


町田市の取り組み

出前講座
町田市では、町内会・自治会、老人クラブ、地域の企業・団体、学校などを対象に市で行っている事業の出前講座を実施しています。 資源とごみの出前講座(町内会・自治会向け): 職員が皆様の地域に出向き、資源とごみについて説明します。
幼い頃からごみの問題に少しでも関心を持っていただくために、保育園・幼稚園向けに環境に関する出前講座も開催しています。ごみ収集車の見学・紙芝居・収集車の歌や踊りなど小さいお子様でも楽しく学べる内容になっています。
リサイクル広場
多くの町田市民が参加した「ごみゼロ市民会議」で実証実験を行い2008年7月から町田市が実施している事業です。今までごみとして処理していた物の中から再資源化できる品目を市が指定し、リサイクル広場まで市民に無料で持ち込んでいただき市が資源化することにより、ごみ減量を推進します。
 また、リサイクル広場ではトイレットペーパーと交換出来るポイントカードの発行や、くるくるコーナーでのリユース品の展示なども実施しております。
雑紙分別辞典
2011年度市民1人が1年間に出した燃やせるごみの量の調査をもとにして、わかりやすい雑紙分別辞典を作成しました。
資源にできる紙類を分別していただくために、集積所とリサイクル広場に出す時の資料としてご利用ください。

~町田市HPより~


あとがき

3R推進課統括係長の水草様の頭の中はアイデアがいっぱい詰まっているようです。「雑紙袋」のほかに、オフィスから出る紙ごみの分別の啓蒙のためのしくみなど、行政回収とは別のところでも3Rの推進を図ろうと意欲的です。
オフィスから出る紙ごみの分別推進、まさにKAMIDECOが目指すところと重なってきます。

また、町田市では紙ごみの出し方も徹底していて、段ボールにいれて出すのは不可。段ボールを使用すると、中にリサイクルできないものが混じっている可能性があるからとか。段ボールだとついついこれも一緒に、と色々なものを入れてしまいがちですからね。
リサイクルを容易にするために、市民の皆さんに協力して貰っています。」という水草様の言葉が心に響きました。リサイクルは「出して終わり」ではなくて、最後まで循環するように見届けるという姿勢が伝わってきました。さすがですね。

町田市役所環境資源部 3R推進課

町田市のごみ減量のため、わかりやすい情報提供や参加しやすい仕組みを作る課です。

オフィシャルサイト

お問い合わせフォームより資料をご請求いただけます

KAMIDECO資料請求はこちら

お電話でのご相談・お問い合わせいただけます

受付時間:平日9時~17時45分 072-482-7201